teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 夏合宿(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


私的宇宙館

 投稿者:クマごろう  投稿日:2020年 7月16日(木)10時23分45秒
返信・引用 編集済
   私的宇宙館

  にあつまり 語り合う場です。

https://9231.teacup.com/morino/bbs

 
 

スーパームーン

 投稿者:森のクマごろう  投稿日:2020年 4月 8日(水)07時54分11秒
返信・引用
   夜空を独り占めしているお方はどなたでしょう。

お彼岸が過ぎて、満月の次の日曜日が「復活祭」です。
キリストに倣って人は、復活するのでしょうか。
前世の微かな記憶を辿ってみて、確かだと確信できれば、来世を信じる手掛かりになるでしょう。
今生の死によって、人は何かを始めようとします。人のためになることを探しもとめ、それが何であれ、
優しく微笑むことができれば、それでいいのです。涅槃の姿そのもので十分でしょう。





 

哲学の道

 投稿者:森のクマごろう  投稿日:2020年 4月 7日(火)00時08分46秒
返信・引用 編集済
    ドイツを代表する絶景
ネッカー川の橋を渡り、山の中腹まで細い道を登っていくと、視界が開けて花壇の周りにあるベンチに腰を下ろして、13世紀に建てられたハイデルベルグ城と旧市街の美しい家並みがロマンを掻き立てる。、

かつて、ゲーテをはじめ多くの詩人や哲学者が思索にふけったという道です

ハイデルベルク城 は、 13世紀始めにプファルツ伯の居城として造られた城。ゴシック、ルネサンス、バロック等の各様式が見られる。17世紀にフランス軍により破壊され、一部のみが修復された廃墟。


 

縄文文明

 投稿者:morino kuma3  投稿日:2019年10月22日(火)23時56分6秒
返信・引用 編集済
   今新しく土器が発掘されると、縄文文明が塗り替えられて、この時代の生活様式から、死生観まで見えてきます。
月の満ち欠けや蛇の脱皮など 輪廻する生命観など現代以上のものを持っていました。
集落の中ほどに墓地があり、死者を埋葬して、死者の霊と一緒に生活していたので、新縄文文明と名付けています。

セミナーハウスでは、毎年。井戸尻考古館の小松館長をゲストに、春祭りや秋祭りを行っています。
この八ヶ岳南麓に「はないかだ」のメンバーが集まって、共同体の輪を広げています。
祭りのシンボルは、地水風火の炎です。スエーデントーチに点火して、聖なる火の神に畏敬と感謝のお祭りです。
秋の収穫祭は、手作りの料理で一杯になり、たき火を囲んで「縄文踊り」や「もぐらの歌」で夕方まで続きます。
人と人の出会い、かけがえのない命の時間を大切にしています。






 

夏至祭り

 投稿者:morino  投稿日:2018年 5月21日(月)11時53分17秒
返信・引用
   縄文「夏至祭り」の日程が決まりました。

小松さんに縄文の「食文化」についてお話を伺います。実習は、土器を使って、粟餅ご飯をつくります。

6月17日(日)13時~15時  井戸尻考古館館長  小松さんのお話。

縄文人は、どんなものを食べていたのだろうか。どんな食材を採集してきて、どんな調理法があったのかな。?

ところ: 富士見・セミナーハウス (森のアトリエ)

♪ モグラの歌→ 輪になって 踊りましょう。

参加費:1morino  (ワンコイン) どなたでも どうぞ。




 

  炎の祭典

 投稿者:morino  投稿日:2017年 6月18日(日)09時55分43秒
返信・引用 編集済
          縄文人と火               小松さんのお話し(井戸尻考古館)

    プロローグ     火とはなんだろう?

1、火のあるくらし

・ 便利・快適・安心な火   < 熱 明 etc >

・ 生活と火 役に立つ火   < 調理 暖房・明かり 土器づくり 焼畑 >

2、縄文人の火

・ 炉  住居の中の火:地床炉、埋甕炉、石囲炉  <住居そのもの 石棒などとも関係する>

・ 野焼き 土器づくり

・ 焼畑

3 火をどう見ていたのか その存在感と神話性

・ 畏敬すべき火  ① 命を”奪う”火  恐れ 火災 死をもたらす

          ② 命を”生み出す”火  芽吹き 喜び 実り

         →①と②を併せ持つもの・・・火山(火山的世界観)

          火 →  神

エピローグ       火を着ける?  火は鑚リ出す








  

http://

 

  炎の祭典

 投稿者:morino  投稿日:2017年 5月20日(土)06時36分31秒
返信・引用
       縄文踊りうた 「炎の祭典」

日時 : 2017、6月11日(日)  正午~夕方

場所 : 富士見町小六の村里 <セミナーハウス>

12時~  縄文ピザを焼こう。

14時~  お話し「縄文の生活と死生観」小松さん(井戸尻考古館学芸員)

      火起こし体験です。

17時~  焚火の薪に点火します。  煮炊きできるものを考えよう。

      「踊りうた」輪になってみんなで踊ろうよ。

      (^^♪ みんな平和で仲良しなんだ、声を合わせて、ワッハッハー!!

   ◎  だれでも、自由に 遊びに来てね。   1morino(ワンコイン)





 

新縄文文明

 投稿者:morino  投稿日:2017年 4月27日(木)18時24分54秒
返信・引用
    昔から、今も変わらないもの                 (Morino  私見 )

   住居

建物の材料は、木の柱、藁、茅葺などから、鉄筋やコンクリート建築に変わりましたが、大地の上に住居が、あることには、変わりありません。海中や空の上は、生活する場所ではありません。
八ヶ岳山麓の尖り石や井戸尻の竪穴住居は、標高800m前後に集中しています。山麓には、伏流水が、泉となって湧き出ています。今日でも、水道水は、地下水や河川の水を消毒して、飲んでいます。生きるために不可欠な命の水です。

美味しい空気は、森がつくります。工場廃棄ガスが多い、川崎病や北京のスモックでは、健康を害します。さて、地水風と火(熱)ですが、地球上に熱資源を提供してくれているのは、太陽エネルギーに他なりません。
人類は、自然からの恵みを受けていなければ、生活出来ません。動物、植物、鉱物からの恵みは当然のこと、もっとプリミティブな、五大(大地、水、空気、熱、太陽。)の要素なくしては、生活ができません。あるのが、当たり前と思わないでください。これが、生きていける基本なので、忘れてはなりません。

  日々の中で。
今日生まれてきた朝日を拝み、ありがとうの一日が、始まります。
太陽の熱と光は、地球資源にとって、最大のエネルギーです。
朝、日が昇り、昼の南中時を過ぎて、西に傾き、西方に没するまでの時間。夜は、太陽に代わって、月が白道上を移動します。この、トキそのものも、縄文時代と変わりありません。

では、現代と何が、違うのでしょうか。衣食住の在り方が、未分化か幼稚か野蛮なのか。
現代人は、土器で煮炊きして、麻の衣服をまとい、竪穴式の住居では、生活できません。
地球に優しいエコの生活とは、何か。もし、以下のものが、なくては、生きることが出来ないでしょうか。自動車、テレビ、洗濯機、携帯電話、エアコン、冷蔵庫、電気炊飯器、電子レンジ、etc・・
以上のものが、ないと不幸せなのでしょうか。

現代の生活様式は、合理化された便利さです。
便利なことが、幸せで、不便なことは、不幸せというような公式に嵌ってはいませんか。
農耕が、生活の基本形です。家庭菜園が、あれば、そのことが、よく分かります。
野菜が生育するリズムは、ゆっくりですが、確実に生長します。高速の乗り物と人体の生理的なリズムとは、比例しません。ほっこりした時の中で、生きていることの幸せを見つけませんか。

生から、死までは、人生の片道切符です。すべての生き物には、死から、再生までの命が、隠されています。生命は輪廻転生によって、何万年と受け継がれてきました。この縄文の死生観を回帰するルネサンスへの活力を「新縄文文明」と名付けています。
 

縄文踊りうた ♪

 投稿者:morino  投稿日:2017年 1月 7日(土)11時13分4秒
返信・引用 編集済
  「縄文踊りうた」の絵本ができました。

みんなが 輪になって、踊ています。舞台は、八ヶ岳の麓、井戸尻考古館近くの藤内遺跡です。

月夜の晩に 近くの村々から、太鼓や笛をもって集まってきた仲間たちが、自然の恵みに感謝するお祭りです。

不思議と 縄文時代が 蘇ってきます。

時が流れて、新らしい縄文文明の時代に少しづづ移行しています。

(^^♪ みんな平和で 仲良しなんだ、声を合わせて わっはっは !!



 

縄文王国収穫祭

 投稿者:morino  投稿日:2016年10月21日(金)23時59分7秒
返信・引用 編集済
  別に 忘れていたわけではないのですが、あっという間に時が流れて、1年が 過ぎました。

会場は、井戸尻史跡公園でした。

初穂の奉納、くく舞、太鼓演奏、

ワークショップ。

石器を使ったコーリャンの収穫、野焼き土器作品の展示、石臼で粉ひき、貫頭衣の試着などがありました。






 

レンタル掲示板
/5