teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/541 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

可也山探索

 投稿者:てつ  投稿日:2008年10月 1日(水)02時28分1秒
  通報 返信・引用
   どこかに行こうと言う提案を珍しく家内と息子が承諾したので、昼までに帰れてすぐに登れる山ということで、前から行ってみたいと思っていた糸島半島の富士山と呼ばれている可也山をめざした。天山に行かないとタクさんに誘われていましたが、家族を連れて行くには重すぎたのでそちらは断っていた。しかしタクさんも先週で二回も登っているとは知りませんでした。花もいっぱいでほんとに天山ていい山なのですね。それとミラさんや山馬鹿さんみつばさんには雲仙で本当にお世話になりました。次の機会でまた御一緒お願いします。
 ということでまずバーバーひまわりⅠをめざして登山口の情報を仕入れ、息子の運転でパッソは一路可也山へ。息子の目的は免許を取ったばかりであり、運転できればなんでもよく、昼からダチが来るので早く帰りたいという。
 登山道がわからずに何度もひまわりⅠさんに電話をかけてお騒がせしました。有難うございました。道も明確になり登り始める。かなりの急坂で家内は青息吐息で休み休みゆっくり登る。やっと稜線に出た。平坦な道を少し行くと山頂の立て札がある。記念写真を撮り、展望所へ向かう。展望所でティータイムを満喫する。見晴らしもよくやや曇っているが気持ちの良いところだ。一家族食事をしていたが、地元おじさんづれなども登ってきた。道中であった人も10人ほどである。結構人が散歩に登ってくるらしい。しかし南側の小富士登山口(浄金寺)からはほとんど登る人は無く、東の師吉登山口からがオーソドックスな登山道みたいである。というわけで家内と息子は東側に降りることに、私はもと来た道をもどり、車で師吉の登山口で待つ。結構降りるのに時間がかかったようで、家内が足を引きずりながら降りてきた。登って降りるまで3時間半かかった。通常であれば小富士登山口から展望所まで1時間、展望所から師吉登山口1時間ぐらいであろうか。鏡山ほど多くは無いが、地域の人々の健康のために役に立ってる立派な山でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/541 《前のページ | 次のページ》
/541