teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 夏合宿(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


  炎の祭典

 投稿者:morino  投稿日:2017年 5月20日(土)06時36分31秒
返信・引用
       縄文踊りうた 「炎の祭典」

日時 : 2017、6月11日(日)  正午~夕方

場所 : 富士見町小六の村里 <セミナーハウス>

12時~  縄文ピザを焼こう。

14時~  お話し「縄文の生活と死生観」小松さん(井戸尻考古館学芸員)

      火起こし体験です。

17時~  焚火の薪に点火します。  煮炊きできるものを考えよう。

      「踊りうた」輪になってみんなで踊ろうよ。

      (^^♪ みんな平和で仲良しなんだ、声を合わせて、ワッハッハー!!

   ◎  だれでも、自由に 遊びに来てね。   1morino(ワンコイン)





 
 

新縄文文明

 投稿者:morino  投稿日:2017年 4月27日(木)18時24分54秒
返信・引用
    昔から、今も変わらないもの                 (Morino  私見 )

   住居

建物の材料は、木の柱、藁、茅葺などから、鉄筋やコンクリート建築に変わりましたが、大地の上に住居が、あることには、変わりありません。海中や空の上は、生活する場所ではありません。
八ヶ岳山麓の尖り石や井戸尻の竪穴住居は、標高800m前後に集中しています。山麓には、伏流水が、泉となって湧き出ています。今日でも、水道水は、地下水や河川の水を消毒して、飲んでいます。生きるために不可欠な命の水です。

美味しい空気は、森がつくります。工場廃棄ガスが多い、川崎病や北京のスモックでは、健康を害します。さて、地水風と火(熱)ですが、地球上に熱資源を提供してくれているのは、太陽エネルギーに他なりません。
人類は、自然からの恵みを受けていなければ、生活出来ません。動物、植物、鉱物からの恵みは当然のこと、もっとプリミティブな、五大(大地、水、空気、熱、太陽。)の要素なくしては、生活ができません。あるのが、当たり前と思わないでください。これが、生きていける基本なので、忘れてはなりません。

  日々の中で。
今日生まれてきた朝日を拝み、ありがとうの一日が、始まります。
太陽の熱と光は、地球資源にとって、最大のエネルギーです。
朝、日が昇り、昼の南中時を過ぎて、西に傾き、西方に没するまでの時間。夜は、太陽に代わって、月が白道上を移動します。この、トキそのものも、縄文時代と変わりありません。

では、現代と何が、違うのでしょうか。衣食住の在り方が、未分化か幼稚か野蛮なのか。
現代人は、土器で煮炊きして、麻の衣服をまとい、竪穴式の住居では、生活できません。
地球に優しいエコの生活とは、何か。もし、以下のものが、なくては、生きることが出来ないでしょうか。自動車、テレビ、洗濯機、携帯電話、エアコン、冷蔵庫、電気炊飯器、電子レンジ、etc・・
以上のものが、ないと不幸せなのでしょうか。

現代の生活様式は、合理化された便利さです。
便利なことが、幸せで、不便なことは、不幸せというような公式に嵌ってはいませんか。
農耕が、生活の基本形です。家庭菜園が、あれば、そのことが、よく分かります。
野菜が生育するリズムは、ゆっくりですが、確実に生長します。高速の乗り物と人体の生理的なリズムとは、比例しません。ほっこりした時の中で、生きていることの幸せを見つけませんか。

生から、死までは、人生の片道切符です。すべての生き物には、死から、再生までの命が、隠されています。生命は輪廻転生によって、何万年と受け継がれてきました。この縄文の死生観を回帰するルネサンスへの活力を「新縄文文明」と名付けています。
 

縄文踊りうた ♪

 投稿者:morino  投稿日:2017年 1月 7日(土)11時13分4秒
返信・引用 編集済
  「縄文踊りうた」の絵本ができました。

みんなが 輪になって、踊ています。舞台は、八ヶ岳の麓、井戸尻考古館近くの藤内遺跡です。

月夜の晩に 近くの村々から、太鼓や笛をもって集まってきた仲間たちが、自然の恵みに感謝するお祭りです。

不思議と 縄文時代が 蘇ってきます。

時が流れて、新らしい縄文文明の時代に少しづづ移行しています。

(^^♪ みんな平和で 仲良しなんだ、声を合わせて わっはっは !!



 

縄文王国収穫祭

 投稿者:morino  投稿日:2016年10月21日(金)23時59分7秒
返信・引用 編集済
  別に 忘れていたわけではないのですが、あっという間に時が流れて、1年が 過ぎました。

会場は、井戸尻史跡公園でした。

初穂の奉納、くく舞、太鼓演奏、

ワークショップ。

石器を使ったコーリャンの収穫、野焼き土器作品の展示、石臼で粉ひき、貫頭衣の試着などがありました。






 

縄文の秋祭り

 投稿者:morino  投稿日:2015年11月 6日(金)22時36分50秒
返信・引用 編集済
   11月3日(祭)野津田公園は、子どもたちの賑やかな声で溢れていました。
 秋の爽やかな陽射しに恵まれて、「縄文踊りうた」を子どもたちと踊りました。

みんな手をつないで輪になって、太鼓のリズムで、
「みんな平和で、仲良しなんだ、声を合わせて ワッハッハ!!」

収穫の喜びは、縄文時代も同じです。自ら生産することで持続可能な社会が生み出されます。

幸せなムラに暮らせるように 子どもたちの夢が、実りますように。





 

縄文の満月

 投稿者:morino  投稿日:2015年 9月28日(月)10時18分9秒
返信・引用
  大型のスーパームーンが昇ってきました。
光速なら、1.2秒でお月さまの世界に到達できます。
兎さんも蛙さんも、5千年前から、観察されていたのでしょう。
月にまつわる物語が生まれるのも、当然のことでしょう。
「月からきたうさぎ」「かぐや姫」
いまでも、お月さまの周りには、天使たちが集まってきます。




 

縄文マンダラ展

 投稿者:morino  投稿日:2015年 8月20日(木)21時43分19秒
返信・引用 編集済
   富士見高原のセミナーハウス「森のアトリエ」にて

  2015年9月~ 日 時 teatime

集大成としてのマンダラをパステルで表現してみました。

縄文人の人生観、宇宙観が、内面に漂っています。

五つのグループ作品を「森のアトリエ」に集めてみました。


 各グループ作品

○メルヘン・クーゲル(国分寺)

○花いかだの会(富士見) ○み栄え(小金井)

○宇宙コスモス(吉祥寺) ○町田シュタイナーサークル

2F にて  「薔薇」写真展もご覧いただけます。






 

踊りうたの推移

 投稿者:土々呂  投稿日:2015年 7月 5日(日)12時17分10秒
返信・引用 編集済
   季節が 春祭りから、夏至祭りへ移るように、縄文の踊りうたも、変容していきます。

掲示板の内容も、流れていきます。過去の記録は、下済みになって、日の目を見ないことが多いようです。
あの時は、新鮮な感動であったのに、いつか肥しのような働きに変わってしまいます。
そのように、トキが新しい創造を繰り返し、次の時代を切り開いて進んでいきます。

2013年から、2015年の4月までの経緯を3つのBBSから、抜粋編集した小冊子が出来上がりました。
「縄文踊りうた」のささやかな記録です。




 

縄文春祭り

 投稿者:morino  投稿日:2015年 3月31日(火)10時52分2秒
返信・引用 編集済
  3月29日(日)に武蔵国分寺公園に集まりました。

さくらは5分咲きでしたが、公園では、花より団子じょうたいでした。

曇りのち小雨の予報でしたが、皆で輪になって、お弁当を食べました。

このサークルでは、はじめての縄文祭りだったので、ぼちぼちの歩みでした。

でもきっと、花の咲く時期がくるでしょう。


 

丘の上祭り

 投稿者:morino  投稿日:2014年11月 6日(木)09時51分1秒
返信・引用 編集済
  11月3日(祭)に町田の野津田公園で「原っぱ祭り」がありました。
秋のお天気にめぐまれて、子どもたちと楽しい「縄文踊りうた」を踊りました。
わっはっは!!


 

レンタル掲示板
/4