新着順:218/1126 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

断れずに契約してしまったら

 投稿者:メール  投稿日:2007年 5月26日(土)17時32分52秒
  通報
  クレジットを組むと、クレジット会社から確認の電話がくるはずです。
悩んでいる場合は、まずそのクレジット会社からの電話に出ない事です。
(勿論業者は早めの日時(明日もしくは今日中)の約束を薦めてきますが、約束日時を出来るだけ遅くしてもらいましょう)
(万が一出てしまっても、事情を話し本契約は待ってもらいましょう。)

企業はとにかく、その場で直ぐの決断(契約)を要求してきますが、何十万もの高額な商品を即決して後悔しない人はいるのでしょうか?

クレジット会社との間で確認がとれて初めてクレジット成立だと思うので、その間に情報収集してゆっくり考えてから決断でも遅くはないと思います。

ずるい様な気持ちもしますが、契約するまで居座ったりするような業者には、こちらも同等の対応をするしかないと思います。

一時的な対処としてクレジット会社に「待った」をかけておき、契約は止めたいとなれば、
業者との話し合いの後に、クレジット会社に「契約は止めた」と伝えれば、クーリングオフ等の手続きをしなくて済むはずです。(私は済みました)
勿論両者に契約破棄の確認は重々にしてください。

この方法が法的にどうなのか分かりませんが、私はそうしています。
 
》記事一覧表示

新着順:218/1126 《前のページ | 次のページ》
/1126