teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 多良岳……オオキツネノカミソリ大群落とそよかぜ食堂……

 投稿者:cCNKFKFHWO  投稿日:2012年 8月28日(火)13時45分5秒
返信・引用
  > No.511[元記事へ]

You have more usuefl info than the British had colonies pre-WWII.
 
 

財産を役立てたいです

 投稿者:文恵メール  投稿日:2010年 2月27日(土)00時34分55秒
返信・引用
  夫を亡くして子供も居ません。残された財産を困っている人の役に立てたいと思っています。金銭面でお困りの方がいらっしゃれば遠慮なく私に相談してください。
no-war6408.@ezweb.ne.jp
必ずお力になれると思います。
 

(*^-^*)

 投稿者:朝比奈憂魅メール  投稿日:2010年 2月11日(木)11時30分17秒
返信・引用
  ヒマヒマ~
誰か顔写メこうかんしよ~
heartlove.c0207@ezweb.ne.jp
 

ヴィッツ廃車

 投稿者:tontonメール  投稿日:2008年12月 6日(土)20時54分49秒
返信・引用
  中古車の車種別の下取り相場を公開中!!
http://hamq.jp/i.cfm?i=taddb463&s=9033

http://hamq.jp/i.cfm?i%3Dtaddb463%26s%3D9033

 

マジェスタの査定

 投稿者:tontonメール  投稿日:2008年12月 6日(土)00時28分21秒
返信・引用
  アナタの車が今イクラで売れるか40秒でわかります!!クリック!!
http://www.freepe.com/i.cgi?weekeventt

http://www.freepe.com/i.cgi?weekeventt

 

Re: お疲れ様でした♪

 投稿者:てつ  投稿日:2008年11月 5日(水)22時48分38秒
返信・引用
  > No.547[元記事へ]

まつやんさんへのお返事です。

> こんにちは。昨日の根子岳縦走はお疲れ様でした。
> 偶然にもこちらの山の会と方々とご一緒することができ、たいへんに嬉しく思っています。
> 普段は単独にて気楽な花山行を楽しむ輩ですが、今後とも宜しくです。
> 画像は8月下旬、大分某所にて撮った「サギソウ」です。
>
> 今年は台風被害もなく例年にもない紅葉でしたね。
> テツさんの云われるよう200%、実にいい山行でした(^^♪
>
> PS:新掲示板 画像の添付等かなり難しい仕組みとなっていてよく分りませんでした。
> こちらに書き込み返信とさせて下さい!!

 本当にお疲れ様でした。サギソウの写真とてもよく取れています。HPの写真もきれいに取れていて、カメラが自分の体の一部のように綺麗に取れています。私の写真とは天地の差があるようです。今後のご活躍お祈りいたします。
 PS.新掲示板は確かに難しいようですが、ひとつづつ記入していくと出来るようです。削除キーを入れておくと後で消せますので、ぜひチャレンジしてみてください。
 

お疲れ様でした♪

 投稿者:まつやんメール  投稿日:2008年11月 3日(月)16時59分30秒
返信・引用
  こんにちは。昨日の根子岳縦走はお疲れ様でした。
偶然にもこちらの山の会と方々とご一緒することができ、たいへんに嬉しく思っています。
普段は単独にて気楽な花山行を楽しむ輩ですが、今後とも宜しくです。
画像は8月下旬、大分某所にて撮った「サギソウ」です。

今年は台風被害もなく例年にもない紅葉でしたね。
テツさんの云われるよう200%、実にいい山行でした(^^♪

PS:新掲示板 画像の添付等かなり難しい仕組みとなっていてよく分りませんでした。
こちらに書き込み返信とさせて下さい!!
 

Re: ウィルス菌

 投稿者:てつ  投稿日:2008年10月18日(土)20時32分41秒
返信・引用
  > No.545[元記事へ]

山馬鹿さんへのお返事です。

> もう一つ、ウィルス菌を・・・

山馬鹿さんへ。

 なるほど山にはそういう「山依存ウイルス」があって、人間に感染し精神を麻痺させてその人間を山にいざなうようになり、その人間はだんだん山から離れられなくなる。何とも恐ろしい病気ですね。しかも深い山ほどウイルスが多く感染しやすいとは・・・。
 取り敢えずはいまのところ仕事と言う薬が効いていて、症状は小康状態ですので、19日は朝の鏡山散歩でとりあえず様子を見ることにします。
 病気についての情報ありがとうございました。またこんどいつか感染実験にご一緒できたらと思います。
 

ウィルス菌

 投稿者:山馬鹿  投稿日:2008年10月16日(木)23時14分29秒
返信・引用
  > No.544[元記事へ]

もう一つ、ウィルス菌を・・・

http://yamabaka.exblog.jp/

 

それは山依存症です!

 投稿者:山馬鹿  投稿日:2008年10月16日(木)23時12分56秒
返信・引用
  テツさん、こんばんは~☆
それは間違いなく『山依存症』です!
経験者が云うので、間違いないと・・・
早く病院「山」へ出掛けるべきだと思います、私も毎週通院していますが、
果たしていつ治るのか不明です(笑)
私は、7年前に脊梁(写真の場)で発病しました。下山したくないような
症状が出てしまいます。いつまでも、その場に留まりたいと・・・困った
病気です。あっ! ウィルス菌をうつしてしまったら、すみません。

祖母山のあのルートは、確かに発病し易いルートだと思います。

http://yamabaka.exblog.jp/

 

病気が発症?たいへんだ~~!!

 投稿者:てつ  投稿日:2008年10月16日(木)00時20分21秒
返信・引用
   すばやいタクさんのブログにはいつも驚かされますが、山よりも上を見ていたとはさすが視点の違いというか視野の広さや深さにいつも「なるほど。」と勉強させられます。またひまわりⅠさんも参加できなくとも相変わらず活動的で、いろいろな出会いを体験されていて「さすが」と感心させられます。
 私はというと、HPのねたは揃っているのに前回分がなかなかアップできません。今週中には涌蓋山のHPアップすると宣言いたします。

 さて、今回病気になったのがはっきりわかりました。以前屋久島に行ったときは、屋久島は特別だし、若くて魅力的な人が多いのでそう思うと思っていました。今回はあまり人がいなくて何もそんなに魅力のあるものは無いはずなのに。また行きたい。また行きた~い。また行きた~~い。と思うようになっている自分がいます。しかも、下山してバスに乗ってというよりも、下山中に足をきしませながらそう思っているのです。もしかしたらかなりの重症かも知れません。諸先輩方もこのように病気にかかって発病していたのでしょうか?次回の山行きまで待ちきれない。祖母山、人をそう簡単に寄せ付けない気高き山に乾杯。
 

コスモスが満開でした

 投稿者:ひまわり 1  投稿日:2008年10月15日(水)17時03分14秒
返信・引用
  帰りには 金立のコスモス園に寄り散策をしました 家族ずれで賑わっていました
山は金立山です

7時より11月の「楽しくやろう会」で踊る 「崖の上のポニョ」の練習をしました
昭和の乙女達が可愛くおどります    見て下さいネ

10月20日(月)   7時15分事務所集合
コーラスの練習をしますので 貴方の参加をお待ちしています
 

ドライブ有り難うございました

 投稿者:ひまわり 1  投稿日:2008年10月14日(火)21時42分22秒
返信・引用
  12日夜のお月様は綺麗に輝いていましたね
祖母山の山小屋からも皆さんも、きっと見ていると眺めていました
13日朝急に思い立ち いつも金立SAエリアから眺めている金立山へ登りました
うっそうとした森の道を歩くと岩壁に刻みこまれた仏様に会いお参りをする      沢の音を聞きゆっくり登ると上宮神社です 神社から10分位登ると林道に出ました そこにタイミング良く!!山の王子さま!!に会いました 奥の院に一緒に登り林道での食事タイムです 私達は登りは足は大丈夫なのですが降りが膝に痛みを感じます
そこであつかましくお願いしましたら心よくお受けして下さいました
ドイツ製のアウリィに乗って 楽しいドライブでした
昭和の乙女たちのお願い有り難うございました
前田先生 鏡山は春はさくらにツツジと景色も素晴らしい所です
お子様と一緒にぜひとも登って下さい
 

ごちそうさまでした

 投稿者:まえだ  投稿日:2008年10月14日(火)18時10分53秒
返信・引用
  はじめまして。
私は昨日佐賀の金立山で、冨田さん・前田さん・西村さんとお昼ごはんを御一緒させていただいたものです。
初めてお会いしたのに気軽に接していただいてありがとうございました。
実は最近職場でも、山登り(軽登山ですが…)をやってみるヒトが増えていて、「登山部を作ろう!と盛り上がっています。
子供たちが上りやすい登山口なども教えていただいたので、是非子供も連れていろんな山を登ってみたいと思います。
それでは、失礼します。
 

祖母山 ……宇宙を感じた日……

 投稿者:タク  投稿日:2008年10月14日(火)06時14分32秒
返信・引用
  からつ労山の10月の月例山行は「祖母山」。
いつもは第3日曜日に実施されるのだが、今回は第2日曜日の10月12日と、次の日の祝日(体育の日)の連休を利用しての山行となった。
本当は昨年9月に計画された山行であったが、台風の影響で中止になった。
台風シーズンなので、「ひょっとしたら今年も……」と心配していたが、週間予報では両日とも晴れ。
台風の心配はないようなのでホッとした。
私にとっては、初めての祖母山。
いやがうえにも期待は高まる。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/3eba55f7bf0c1ba2caaef3e3ebb4cdb3

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

鏡山~BBひまわりⅠ経由入会コース

 投稿者:てつ  投稿日:2008年10月 8日(水)00時45分0秒
返信・引用
   タクさんのブログ仲間の登山で3回一緒になった「+3k」さんが唐津に引っ越してきた。からつ労山に入会するのと、明日の日曜日(10月5日の朝)にかがみ山に行くと約束しました。翌日、朝はやや時間が遅れましたが、偶然Ichiさんも一緒になり三人で山頂にのぼり、虹の階段往復して下りてきました。Ichiさんはもう二往復するとのことで登り口で別れました。すごい!そしてBBひまわりに向かい、予定通り入会の手続きを済ませました。また会員が一人増えて楽しくなりそうです。何で+3kなのかとたずねたところ、「きつい、汚い、危険」ではなく、プラスの意味の「希望、感動、感謝」(まちがってる?)のようなことだそうだ。なるほど!!・・・・・お知らせでした。  

三俣山 ……リンドウの咲き乱れる小道を通って……

 投稿者:タク  投稿日:2008年10月 5日(日)10時28分20秒
返信・引用
  10月4日(土)・5日(日)に、ネット仲間が集まって「坊ヶつるテント泊で満天の星空と早朝朝駆け登山を楽しもう会」というのをやりますので、タクさんも参加しませんかと、そよかぜさんからお誘いを受けた。
いつもは土曜日は仕事をしている私であったが、ある事情で今週は土日連休を取っていた。
テント泊は、今年5月に屋久島縦走して以来なので、久しぶりにテントで寝てみたいと思い、「ぜひ参加させて下さい」と返信した。
参加予定は、九州5県から、
【大分】よっちゃん(隊長)
【長崎】そよかぜ(副隊長)、山馬鹿(副隊長)
【福岡】コヨーテ、hiroko、Haru、Hiro
【鹿児島】エリアス
【佐賀】タク
の9名。

私としては、よっちゃん、hirokoさん、エリアスさんが初対面となる。
ところが、数日前から、日曜日の天気が「雨」との予報が出た。
そして、前日の10月3日、急遽、予定変更のメールが入った。
「日曜日の降水確率70%はさすがに無視できないとの見解に達し、日帰りツアーの計画に変更させていただきます」
行程も、
長者原~すがもり越~三俣山~雨ヶ池~長者原
に変更された。
三俣山は、くじゅうに来る度に姿は見ているのだが、私はまだ登ったことがなかった。
だから、テント泊の中止を残念に思いつつも、三俣山登山をひそかに喜んでもいた。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/c70bc5a651db4fdd6d6f14ed12b545cf

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

可也山探索

 投稿者:てつ  投稿日:2008年10月 1日(水)02時28分1秒
返信・引用
   どこかに行こうと言う提案を珍しく家内と息子が承諾したので、昼までに帰れてすぐに登れる山ということで、前から行ってみたいと思っていた糸島半島の富士山と呼ばれている可也山をめざした。天山に行かないとタクさんに誘われていましたが、家族を連れて行くには重すぎたのでそちらは断っていた。しかしタクさんも先週で二回も登っているとは知りませんでした。花もいっぱいでほんとに天山ていい山なのですね。それとミラさんや山馬鹿さんみつばさんには雲仙で本当にお世話になりました。次の機会でまた御一緒お願いします。
 ということでまずバーバーひまわりⅠをめざして登山口の情報を仕入れ、息子の運転でパッソは一路可也山へ。息子の目的は免許を取ったばかりであり、運転できればなんでもよく、昼からダチが来るので早く帰りたいという。
 登山道がわからずに何度もひまわりⅠさんに電話をかけてお騒がせしました。有難うございました。道も明確になり登り始める。かなりの急坂で家内は青息吐息で休み休みゆっくり登る。やっと稜線に出た。平坦な道を少し行くと山頂の立て札がある。記念写真を撮り、展望所へ向かう。展望所でティータイムを満喫する。見晴らしもよくやや曇っているが気持ちの良いところだ。一家族食事をしていたが、地元おじさんづれなども登ってきた。道中であった人も10人ほどである。結構人が散歩に登ってくるらしい。しかし南側の小富士登山口(浄金寺)からはほとんど登る人は無く、東の師吉登山口からがオーソドックスな登山道みたいである。というわけで家内と息子は東側に降りることに、私はもと来た道をもどり、車で師吉の登山口で待つ。結構降りるのに時間がかかったようで、家内が足を引きずりながら降りてきた。登って降りるまで3時間半かかった。通常であれば小富士登山口から展望所まで1時間、展望所から師吉登山口1時間ぐらいであろうか。鏡山ほど多くは無いが、地域の人々の健康のために役に立ってる立派な山でした。
 

天山 ……秋の花が出揃いました……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月29日(月)00時12分40秒
返信・引用
  ネット仲間が、天山に秋の花を見に来るとの連絡が入った。
9月25日(木)に登ったばかりだが、今日(28日)、また天山に登ってきた。
秋の山は一日一日変化をとげる。
数日前の山とはあきらかに違っていた。
嬉しいことに、秋の花がほぼすべて出揃っていた。

天山の美しい花々をご覧あれ!↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/83543446737161efe2beb16736088bcb

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

天山 ……山頂と麓・花の競演……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月26日(金)05時35分46秒
返信・引用
  天山には、もうタンナトリカブトはおろか、ウメバチソウやムラサキセンブリも咲き始めています。
そして、麓の江里山には、見事な……もう、圧巻です!

早く早く!↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/4d8571952280b8ef0dd5133befed775c

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

素敵な出会い

 投稿者:ひまわり 1  投稿日:2008年 9月23日(火)22時38分53秒
返信・引用
   てつさんの
「周りの人から無償の有り難い行為を受けとって 鏡に住んでいることに胸を張る
そして 自分も何らかの人の為に出来る人間に成りたい」

 okiさんの
「これが日本!これが唐津!」   財布が戻ってよかったネ

 私も素敵な出会いをしました
曳き山囃子の練習を鏡山のひれふり展望台で練習をしていると 2人の男性に会いました
福岡の方で一人は元教員で一人は教え子(20歳台)
Sさんは時々 教え子さんのお休みに合わせて一緒に出かけるそうです
自然が好きで山にも登られるようで 山の話になりました。特に木の色や自然の曲線に
興味をお持ちでした。話をしている時も教え子さんを気ずかい話の仲間入りです
元先生と元教え子さんとのお付き合い微笑ましく、こんな関係素敵ですね
マイナスイオンを身体一杯受け、雲、遠くの海、山を見ながらの会話、
今日はステキな出会いで、気持ちがホンワカとなりました。有り難う御座いました
   ちゃっかりと労山のホームページの宣伝をしましたで~~す

下の笛の写真は長い方が鏡の曳山囃子の笛です
 

Re:てつさん

 投稿者:oki  投稿日:2008年 9月22日(月)22時56分42秒
返信・引用
  てつさんご無沙汰しています。 山行きは第一も例会も満勤のようで頑張っていますね! ところでカメラ出てきてよかったですね・・・やっぱり世間の人はいい人ばかりって思いますよ、 私も・・・財布を2回ばかり落しましたが2回とも交番まで届けてもらってました、もちろん中身も全部入った状態で これが日本これが唐津なのですね。ところで昨日の湧蓋山もなかなか良かったようですね! 雨にも負けず風にも負けず嵐にも・・・かえって「五風十雨」万物を育む雨に打たれ心も体も日々成長されているようで!「バンザイ三唱が」輝いていましたよ。写真は家の前の川の土手に咲いた・・・どこにでもある 彼岸花とおしろい花 私奇麗でしょう!って 咲き誇ってますね! では最後に私の財布を拾って交番に届けてくれた人にこの掲示板を借りてお礼を言いたいと思います 「ありがとう御座いました」
 

湧蓋山でのカメラの行方は?

 投稿者:てつ  投稿日:2008年 9月22日(月)20時35分34秒
返信・引用
   早朝、大分、湧蓋山に向けて唐津を出発するバスに乗ると同時にカメラがないことに気づいた。朝はコンビニで食料を仕入れているときは確かにあったのを記憶している。おかしい。バスの中を探し回るが、見つからない。家に電話をかける。妻は寝ぼけてすぐにはおきてくれない。何度もかける。家の電話にも、息子も、娘にもかける。間違えて会社の同姓の者にまでかけてしまい「朝はよから何ですか?」との返事に間違いだったと言い訳をする始末。7時ごろに妻から電話が来た。「古代の森駐車場も途中の抜け道もコンビニ2箇所にも尋ねたけどない。」との衝撃的言葉に今日はこのことは忘れようと決意した。Nさんはそれでも「鏡の人間では悪い人はいないよ。交番にあるから心配するな。」と言ってくれたのが唯一の救いであった。
 そしてタクさんのブログにあるように、雨にのぼり、絶景に満足感を感じ、温泉で疲れを癒し、帰路のバス内での楽しい宴会を十二分に満喫して家に帰った。私の期待としては、実は家にカメラがあって帰ってきたら驚かせてやろうという魂胆ではないかとかすかな期待を持っていた。が、全くカメラの話もなしに、そのそぶりも全くない。失意の中に疲れが襲ってきて熟睡する。
 次の日、カメラの話になると「もう買ってあげない!」と妻から宣言される。朝は定期の病院での検査の後、鏡の交番によるも不在。会社に行く途中唐津警察署によった。会計課のところでカメラなくした旨を告げると、受付のお姉さんの表情が変わって「あるな」と確信するまで1分もかからなかった。しかし係りのお姉さんは一人がベテランで一人が新米らしく、いろいろとレクチャーを混ぜながらこうやって確認して渡すのよというような、OJTをやっているのでもらうまでに結構時間がかかった。拾ってくれた人は男の人で、交差点の横(やはり抜け道の出たところだ。)で拾い6時ごろに鏡の交番に届けてくれたらしい。名前も教えなくてよいと言われたらしく、お姉さんは教えてはくれなかった。
 しかし、良かった。助かった。本当に有難い。おれは本当に周りの人からいろんな無償の有難い行為をたくさんたくさん受け取っている。それに比べて、自分はかなり利己的な人間なのにこんなにしてもらっていいのかと思う。とはいえ、本当に感謝、感激、雨、霰(あられ)状態。Nさんがいっていたように鏡の人間は悪い人はいない。このような鏡にすんでいることに胸を張る気分で、また自分も何か人のために出来るような人間になりたいと心から思った。
 それで、今後はカメラに紐をつけて皆様には決してカメラのことで心配させないようにここに固く誓います。次の山行きでは純粋に山を楽しめるように頑張ります。ほんとに皆さんありがとうございました。感謝。感謝。感謝。
 因みに一度目は同じく古代の森会館の駐車場で元越山から帰ってきた時に落として、次の日の早朝、その駐車場で鏡山に登ろうとして車をとめた労山の会員の女性のIさんが拾ってくれて、手元に戻って来ました。
 前回9月の雲仙普賢岳山頂に忘れてきたのが二度目です。
 それで今度が三回目となりました。4度目はカメラのほうも出てこないでしょうから。
(写真が貼り付けられないのはしょうがありませんね。)
 

……雨のあとには…… 涌蓋山・ミソコブシ山・一目山

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月22日(月)05時13分59秒
返信・引用
  我々は、なぜ万歳三唱をしているのか?
それを知りたかったら、こちらをご覧下さい↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/c00fd97fd45ce1ade6f1f3260e3e0743

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

Re: 十六夜の月 観月会

 投稿者:てつ  投稿日:2008年 9月18日(木)20時20分8秒
返信・引用
  > No.528[元記事へ]

okiさんへのお返事です。

 okiさんへご無沙汰しています。十六夜の観月会はたのしそうでしたね。ひまわり1さんも毎年季節の催しが定着化されていて、季節を感じるいい機会だと思っています。次回は参加したいと思っています。といっても私の場合は行ってただ飲んで、食って終わる無芸大食路線なのでいつも恐縮しております。
 楽しそうな笑い声が聞こえてきたけれども、おそらく今年の月はそれがみられずに残念がっていますよ。

    てつ

> ご無沙汰しています 日高です
> 山にはなかなか行けないのですが 昨日15日に有志数名の企画による 十六夜の月 観月会が開催されました
>  「淡い光に照らし出される浮嶽の山の端」を 十六夜の月に照らし出されてると信じて待っていたのですが その淡い光は福岡方面からの町の灯りでした 結局 月は・・・出なかったのですが 竹筒に活けられたススキの穂 ロウソクの灯りで行われた観月のお茶会 BGMにお琴の演奏などイベントが盛りだくさんでなかなかの企画でした。企画されたひまわり1さんご苦労様でした。又来年も企画してくださいね! ひまわり2さんしし鍋おいしかったですよ! お茶のお師匠さん、とってもお茶が美味しかった! 今度は作法を習って作法道理にいただきたいですね!また御馳走してください。皆さんいろいろありがとうございました。
 

十六夜の月 観月会

 投稿者:oki  投稿日:2008年 9月16日(火)23時35分13秒
返信・引用
  ご無沙汰しています 日高です
山にはなかなか行けないのですが 昨日15日に有志数名の企画による 十六夜の月 観月会が開催されました
「淡い光に照らし出される浮嶽の山の端」を 十六夜の月に照らし出されてると信じて待っていたのですが その淡い光は福岡方面からの町の灯りでした 結局 月は・・・出なかったのですが 竹筒に活けられたススキの穂 ロウソクの灯りで行われた観月のお茶会 BGMにお琴の演奏などイベントが盛りだくさんでなかなかの企画でした。企画されたひまわり1さんご苦労様でした。又来年も企画してくださいね! ひまわり2さんしし鍋おいしかったですよ! お茶のお師匠さん、とってもお茶が美味しかった! 今度は作法を習って作法道理にいただきたいですね!また御馳走してください。皆さんいろいろありがとうございました。
 

天山 ……秋の草花の観察会……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月14日(日)00時09分26秒
返信・引用
  天山には希少植物を含めて、草原の山ならではの多くの草花が生息している。
中には盗掘や自然環境の変化により、天山から絶滅した種や、絶滅の危機に瀕している種もあるが、そういった草花を『天山の自然を守る会』のメンバーや『自然観察指導員』と一緒に観察しながら、自然の素晴らしさと尊さを実感し、秋の一日を天山の自然の中でゆっくりとした時間を過ごそうという企画……「天山 秋の草花の観察会」が、本日行われた。
コースは二つのコースが用意されていて、
①天山上宮南駐車場→雨山→天山山頂(初心者向き)
②七曲登山口→従走路→天山山頂(山慣れた人向き)
集合は8時30分に小城にある「ほたるの郷駐車場」。
現地集合の場合は、
①コースは天山上宮南駐車場に9時00分。
②コースは七曲峠登山口に9時00分。
昨年、私は②コースを歩いたので、今年は①コースにする。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/671dc74832795dabe4828752b9a58641

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

雲仙には4つの山がある。

 投稿者:てつ  投稿日:2008年 9月11日(木)00時49分2秒
返信・引用
   からつ労山のHPをやっと更新して、掲示板を書いています。最近忘れ物が多く困っていますが、今回雲仙には4つの山があると思うようなぼけ方で、皆さんに大変ご迷惑をおかけしました。以後注意して山登りを楽しみたいと思います。しかし、皆さんがずっと待ってくれたのは大変うれしかったです。
 大事なカメラも無事に見つかり、普賢岳に二度登り、少しは頭がまともになってくれればと思います。最後は疲れてしまい、肝心な花を見られなかったのは残念でした。今度こそちゃんと普通に山を楽しめるようにしたいな~。皆さん懲りずに付き合って私の成長(もしかすると老化?)を見守ってください。
 わざわざ付き合ってくれたKイチロウさん、心強いサポート有難うございました。
 

普賢岳・国見岳・妙見岳 ……平成新山と美しき花々……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月 8日(月)05時31分48秒
返信・引用
  からつ労山では今年2月から不定期ながら第一日曜日登山を行っている。
2月は「眉山・八幡岳・女山」縦走。
3月は「経ヶ岳・多良岳」縦走。
4月は「国見山・八天岳・隠居岳・烏帽子岳」縦走。
5月は「屋久島」縦走。
6月は中止。(第一日曜日が月例登山となった為)
7月は「天山・岸川ルート」
8月は「多良岳・オオキツネノカミソリ観賞」
そして、9月の山行として計画したのが、雲仙の山。
花に詳しい長崎在住のネット仲間「そよかぜ」さんにガイドをお願いすると快諾して頂いた。
ところが、前週に予定されていた「そよかぜ」さんの東京行きが関東地方の豪雨の為に中止になり、今週末に変更になった。
「そよかぜ」さんより連絡があり、山馬鹿さんがガイドを引き受けて下さったので大丈夫ですとのこと。
クラッカーさんやミラさんも駆けつけて下さるという。
一週間前から天気を気にしていたのだが、日曜日は雨という週間予報が続いていたので心配していた。
山馬鹿さんからも「雨が降った場合はどうしますか?」と質問メールが来ていた。
「雨でも登ります」と答えてはいたが、やはり雨よりは晴れの方が良い。
そして、当日。
天気は、午前中は不安定な天気だが、午後からは晴れるという。
雨が降らないだけでも有り難い。
この日参加したのは、テツ、マサル1、K一郎、イチ、アキ、タクの6名。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/e9250a770216de99db8c832491629dc1

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

Re: 雲仙三山

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月 8日(月)05時29分7秒
返信・引用
  > No.523[元記事へ]

山馬鹿さんへのお返事です。

> 本日は、お疲れ様でした~
> 素敵な人々ばかりで、楽しく過ごせました。
>  感謝~☆

最初から最後までずっとお付き合い頂き、ありがとうございました。
山の案内だけでなく、温泉や「じゃがちゃん」の案内までお願いして済みませんでした。
こちらこそ、感謝、感謝です!

> ハプニングが起こり、会の底力をしっかりと
> みせて貰いました。(凄い兵だらけ・・・)
> また、どこかの山でお会いしましょうね~♪

ご迷惑をおかけして済みませんでした。
皆さんの暖かい心、染み入ります。
クラッカーさん、みつばさんにも宜しくお伝え下さいませ。

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

雲仙三山

 投稿者:山馬鹿  投稿日:2008年 9月 7日(日)23時33分29秒
返信・引用
  本日は、お疲れ様でした~
素敵な人々ばかりで、楽しく過ごせました。
 感謝~☆

ハプニングが起こり、会の底力をしっかりと
みせて貰いました。(凄い兵だらけ・・・)
また、どこかの山でお会いしましょうね~♪

http://www.jocoso.jp/yamabaka

 

天山・岸川ルートふたたび ……味覚の秋を満喫……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 9月 5日(金)21時33分3秒
返信・引用
  私はこれまで幾度となく天山・岸川ルートを歩いた。
ブログに書いた1月4日や7月6日のレポートを見て、ネット仲間のbambooさん(長崎在住)が「いつかはこのルートを登ってみたい」と仰っていた。
そのbambooさんから、数日前に「9月4日(木)に、友人と三人で天山・岸川ルートを登りにきます」との連絡を受けた。
アドバイスを求めるメールであったが、その日は私の公休日だったので、同行案内することにした。
bambooさんの友人二人は、長崎の「朝霧山の会」に所属するHIDEさんとサキさん。
お二人とも私は初対面。
HIDEさんもサキさんも、長年登山をされている方で、山のベテランである。
私とbambooさんは、一度、多良岳で会っている。
そのときはお互いを誰かとは知らずにちょっとだけ言葉を交わし、後日ブログを見て、「あっ、bambooさんだったんだ!」「あっ、タクさんだったんだ!」と気づいた次第。
だから、私とbambooさんも、ほとんど初対面と言って差し支えない。
今回は、三人の中に膝を痛めている方がいらっしゃるとのことだったので、7月6日の時とは違って、麓から登ることはせず、6合目付近まで車で登って、そこから歩き出すことにした。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/e51b500ef245e000e09b61bcdffa070d

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

晩夏の天山 ……秘密の散歩道……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 8月31日(日)22時57分40秒
返信・引用
  ネット仲間のそよかぜさんから、「8月31日(日)に天山に登ります」との連絡を受けた。
長崎からはるばる天山に来られたのは、そよかぜさん、軟弱さん、クラッカーさん、壱岐っ娘さん、ミッセルさん、pandaさん。
pandaさん以外は、7月6日に天山・岸川ルートを一緒に登ったお馴染みの面々。
pandaさんも、8月3日、多良岳のそよかぜ食堂で会っているので、面識がある。

今回の山行では、なんと、花がたくさん咲いている「秘密の散歩道」を発見!

「秘密の散歩道」入口はコチラです。↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/4d652cdf9e5e5daec01ae2701f65dd09

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

平和美術展のお知らせ

 投稿者:  投稿日:2008年 8月27日(水)16時17分31秒
返信・引用
  ただいま作品募集中 ”唐松平和美術展”「すべてのいのちを大切に平和の壁に花一輪」のスローガンの下に20年続いてきました、「平和あっての登山」あなたの絵や写真ほか自由課題を出展してみませんか。   日時10月16日から19日まで(10時から18時、最終日は16時まで)     場所唐津近代図書館4階(入場無料)     出品料1点1,000円(2点まで)     唐松平和実行委員会 代表 松本末広  

宝満山 ……堤谷新道ルートで「一日の王」に……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 8月25日(月)05時51分35秒
返信・引用
  宝の満つる山と書いて「宝満山」。
今回、我々は、宝満山から、抱えきれない程の宝を頂きました。
登山者にいくら宝を与えても、宝満山の宝が減ることはないでしょう。
いや、むしろ、登山者に宝を与えることによって、この山は宝の数を増していくように思われます。

で、我々がどんな宝を頂いたかは、コチラをご覧下さい。↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/514c746e6f565a2dae96c474820f47d4

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

久しぶりに清清しい気持ちになりました。

 投稿者:やまきちメール  投稿日:2008年 8月24日(日)20時45分2秒
返信・引用
  宝満山堤谷沢登りのスライド写真を送ります。私のHPにも同様に掲載しています。
息切れしながらとりましたので、満足ではありませんがご覧ください。

http://www.flickr.com/photos/27572160@N02/sets/72157606919419260/show/
 

Re: 道東の山

 投稿者:あき  投稿日:2008年 8月24日(日)20時27分56秒
返信・引用
  > No.513[元記事へ]

メイビさんへのお返事です。

> ブログに北海道の山に登ったことを掲載しています。よかったら見てください。


 今日隣の席に座った井上です。お世話になりました、楽しい一日でした。
 このメールが無事に届きますように
 

亀岳・笛岳・樫原湿原 ……寄り道は楽しい……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 8月21日(木)22時17分48秒
返信・引用
  亀岳と笛岳に登り、そのついでに樫原湿原に寄ろう!
……そう思っていたのだが、樫原湿原の前を黙って通過することはできなかった。
ちょっとだけ見て行こう……そう思って車を降り、湿原の植物を観賞し始めた。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/013ebeb13b999d21aafd5de47c58d2c1


《夏の読書案内》
ネット仲間に紹介されて読んだ本ですが、超オススメです。
とにかくレビューだけでも読んでみて下さい↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/b5c0dfb29c9d035db291ba0daf4c2e12

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

天山 ……小さい秋みつけた……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 8月11日(月)06時03分33秒
返信・引用
  下界では連日猛暑で、夏真っ只中という感じだが、1000mを越す山では、もう秋が始まっている。
小さい秋を見つけに、天山に登ってきた。
昨年もこの時期に天山に登った。
そして、マツムシソウを見つけた。
はたして今日(8月10日)は――

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/ab397bf958763b3180d1dd1a57fefe8f

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

楽しかった道東の山

 投稿者:ひまわり 1  投稿日:2008年 8月10日(日)21時25分57秒
返信・引用
   メイビさん こうして改めて写真を見ると今はきつさを忘れ霧雨の妖精の演出で見事に
楽しませてくれた高山の花や雌阿寒岳から見た ブルーのオンネトウーの湖が浮びます

山は好いネ こだわる気持ちを慰め前向きに進めます
でも やっぱし 今の時期の山は暑くてきつか~
 

道東の山

 投稿者:メイビ  投稿日:2008年 8月10日(日)18時12分8秒
返信・引用
  ブログに北海道の山に登ったことを掲載しています。よかったら見てください。

http://cosumosu.sagafan.jp/

 

hp更新しました。

 投稿者:てつ  投稿日:2008年 8月 8日(金)00時04分38秒
返信・引用
   やっとHPを更新しましたので、見てください。元越山の記録とミスター田中の道東登山分です。最近HPの内容が多くなってきて以前分消去していこうと考えています。もし昔の必要性の高いものは保存をしておいていただければいいかと思います。2005年分は12月までには削除していく予定です。昔のデータや写真が必要な方は個別にお送りいたします。今年の夏も暑いのですが、夏ばて防止に山に登るのもなんとなく体にいいように思います。休みがあればできるだけ登りたいと思っています。宝満山も楽しみにしています。以上

http://www1.cncm.ne.jp/~mituyuki/index.html

 

多良岳……オオキツネノカミソリ大群落とそよかぜ食堂……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 8月 7日(木)05時02分44秒
返信・引用
  ネット仲間のそよかぜさんから多良岳で行われるソーメン・パーティへの招待状が届いた。
期日は8月3日。
「お知り合いも大歓迎」とのことだったので、からつ労山からは、テツさん、マサル1さん、のど自慢さん、K一郎さん、イチさん、タクの6名が参加した。
オオキツネノカミソリはほぼ満開!
素晴らしい大群落を満喫した。
金泉寺では、別ルートから登った人たちも合流して、総勢24名でソーメン・パーティ。
とても美味しかったです!

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/c0fef34e6df09fbf6aa68a0ccf2e6317

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

八幡岳……素晴らしい花・生きもの・人間との出逢い……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 7月27日(日)19時38分37秒
返信・引用
  ネットで知り合った山仲間が、八幡岳のオオキツネノカミソリを見にやってきた。
参加者は、福岡から肉まんさん、sasaguriさん、風来坊さん、
佐世保から+3Kさん、
それに私の5名。
肉まんさん、sasaguriさん、+3Kさんは、7月6日に一緒に天山(岸川ルート)を登ったので、今回は二度目。
風来坊さんは初対面だったが、明るく気さくな方で、すぐに打ち解けて話すことができた。
今回の山行のキッカケ……それは、私のブログで私が書いたコメントだった。
6月22日の「八幡岳……雨に咲く花……」で、私は次のように書いた。
「オオキツネノカミソリは、多良岳、井原山に次いでナンバー3ではないかと私としては思っております」
これを読んだ肉まんさんが、「ナンバー3とはどんなもんか、見てみたい」と反応したことに因る。
8月3日は、肉まんさんも私も多良岳に行くことになっているので、チャンスは今日(7月27日)しかなかった。
しかし、7月24日に私が開花状況を見に行ったのだが、一分咲き程度だったので、「27日は中止にしますか?」と肉まんさんに連絡した。
すると、「八幡岳には登ったことがないので、登ります」との返事が来た。
その他の参加者も、「少しでも咲いていればOK」と意欲満々。
と、いうことで、今回の山行が決定した。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/7eaa92c64e909fafb5b9a472c46070c0

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

「いつでも山を」

 投稿者:田形祐樹  投稿日:2008年 7月26日(土)09時15分13秒
返信・引用
  おひさしぶりです,からつ労山の田形です。
さて,私は,先日,田部井淳子さんが書かれた「いつでも山を」(副題・実践アンチエイジング登山)という本を読みました。中高年が多数派を占める(のみ?)からつ労山の皆さんに役立つ内容です。私のブログで取り上げていますので,よろしければ,興味ある方はご覧になって下さい。
URLは以下の通りです。
http://yuukitagata.sagafan.jp/e35399.html

http://yuukitagata.sagafan.jp/

 

八幡岳……登山のあとは、あの店で……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 7月25日(金)05時50分11秒
返信・引用
  7月27日(日)に、福岡のネット仲間が、八幡岳のオオキツネノカミソリを見に来るとのことなので、今日(24日)開花状況を見に行ってきた。
今日は「八幡峠ルート」を登る為、池高原に車を駐め、舗装道路を、約30分かけて八幡峠まで歩いた。
八幡峠からは、約40分でオオキツネノカミソリ群生地に着いた。
今年は、例年に比べ、開花が大幅に遅れているようだ。
7月24日現在で、まだ一分咲き程度。
茎が伸びていないものも多く、蕾さえまばら。
満開は、まだまだ先のようだ。
ちょっとガッカリ!
今日の昼食は、下山したあとに、二軒の店を食べ歩きした。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/10bdd78032d772a03400b14b567b93eb

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

天山……ひとりの山、たくさんの花……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 7月23日(水)02時51分4秒
返信・引用
  そよかぜさん達と一緒に岸川ルートから登って、早二週間。
今日(7月21日)は上宮からの軟弱ルート。
下界から見ると、天山山頂は雲に隠れていた。
「今日は登山者少ないだろうな」と思いながら上宮駐車場に着く。
八合目付近からは、ガスに覆われ、視界不良。
山頂からもまったく展望はない。
でも稜線上には花がいっぱい!

写真はキュウシュウコゴメグサ。
この植物、緑色の葉を持ち、自身で光合成を行うが、根は他の植物に寄生して養分をもらっている、いわゆる半寄生植物である。
佐賀県の植物誌の基礎を築かれた故馬場胤義氏が、昭和12年に、この天山で発見されたもので、今では中国、近畿地方にも分布が知られている。
(貞松光男著『佐賀の野草』より)

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/7eac14177b15a6a49d8f0c71587b3801

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

遅ればせながら

 投稿者:そよかぜ  投稿日:2008年 7月17日(木)08時23分42秒
返信・引用
  からつ労山のみなさん 初めまして 長崎のそよかぜです。
先日はそちらのみなさまに天山を案内していただきました。

天山は何度も登った山ですが、岸川からのルートは初めてでした。
登った日は蒸し暑くまいりましたが、時期を選べば素晴しいルートだと思いました。
またチャンスを作って佐賀県の山に登りたいと思います。

会長さんをはじめ、お付き合いくださったみなさまありがとうございました。
長崎の山にお出でになる時には声をかけてください。

http://www1.cncm.ne.jp/~mituyuki/

 

元越山……愛されている山は輝いて見える……

 投稿者:タク  投稿日:2008年 7月14日(月)23時16分15秒
返信・引用
  多くの人々に愛されている芸能人は光り輝いている。
実に魅力的だ。
愛され、注目されることにより、その魅力は一段と輝きを増す。
芸能人に限らず、学校や職場においても、皆から(いや、一人からでも)愛されている人は、常に輝いている。
思われること、見つめられることによって、その人の魅力は一層磨かれていく。
生命力のようなものが湧き出てきて、イキイキとしてくる。
その人のそばにいるだけで、周囲の人も楽しくなってくる。
「山」についても同じことが言えるのではないだろうか?
「愛されている山は輝いて見える」
元越山に登り、私はそのことを強く実感した。

つづきはコチラから↓
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/b7d15af92c9b87f8b5e2d8b0b148996f

《追伸》
noburinさんから「7月6日に岸川ルートから登った天山の記録は、まだブログに書かないの?」と訊かれた。
7月7日にはアップしているのだが、この「からつ労山」の掲示板に書かないと、ブログを更新していないと思われるようだ。
よって、ついでにこちらも……↓

「……岸川ルートを登らずして天山を語るなかれ……」
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/5c92ac5b259f269281e9e60a9c4b4eff

http://blog.goo.ne.jp/taku6100

 

天山・・・梅雨明けの岸川ルート

 投稿者:てつ  投稿日:2008年 7月 9日(水)12時42分10秒
返信・引用
   タクさんの誘いで天山を登る話があり、長崎より5名(軟弱さん、壱岐っ娘さん、クラッカーさん、ミッセルさん、そよかぜさん)と福岡より3名(肉まんさん、sasaguriさん、Hiroさん)佐世保より(K原さん)1名、わがからつ労山より4名(タクさん、M野さん、会長、てつ)が参加しての合計13名に参加者が膨れ上がった。折からの梅雨明けでかなりの暑さを覚悟したが、午前中はやや曇っていて快適な山行となった。今回の集まりはタクさんの呼びかけにより実現したが、ネット仲間といってもあったこともない人が10名も集まるのはタクさんの人柄によるものだろう。
 くだりはほとんどアスファルトの道を降りてきたが、いろいろな人と話ができて勉強になりました。山岳会に入らずに、自発的な仲間を作っていくのは大変なのでしょうが、皆さんHPやブログを運営されていて、しかもすばやい更新をされていました。その力が集まりを作る力となっているようです。
 私の場合はとりあえず月に二度は山に行くようにがんばります。8月の第一日曜もどこがいいか検討中です。

 以下にそよかぜさんのネットのアドレスと私もはじめて見た「カキラン」の写真です。

http://www1.cncm.ne.jp/~mituyuki/index.html

 

レンタル掲示板
/11